読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*さけのさかな*

わりと珍味。

すでに自分はどういう前提に立ってしまっているか その4


車には慣れてきましたけど、

仕事には慣れません。ながです。 ←古過ぎて伝わるかどうか…(^^;)

夜間教習やって良かった…(*´-`)




同僚には、4月はこういうもんだよ、と慰めてもらってますけど(泣)







何もかも初めて

という体験は、わりと結構あります。



でも今回は、初めてなのに他の初めての人に色々訊かれるポジションで、

なかなか刺激的で頼りなさ全開ですw

もはや笑える





そんな絶賛てんてこ舞いの中、

あることが自分の中でネックになっていることに気付きました。



それは、

「これくらいのことは(私は)できなくてはならない」

という強迫観念と、その根っこにある


『私は大概のことはなんでもできる』という安っぽい プライド


握りしめて離せないこと

です。




毎回その時周りに貢献する最高のパフォーマンスを狙っているのですが、

理想と違った変なことをしてしまっては、激しく自己嫌悪⤵️


プライドが高くて一番苦しんでいるのは自分自身だったり。


裏を返せば、自分に期待している、自分を信じているのかもしれないですが。

ただ、最高のパフォーマンスができない自分を受け入れることができていない、

そんな自分をあきらめきれない、そんな思いが苦しくしているのかも。





ダメな私を自分がまず受け入れることなんだろうなあ。

自分の殻が、ある日突然に。


なんでか毎度、エイプリルフールには嘘のような本当のこと

を書いているような気がするんですけど…


というわけで、

今日も普通のブログです(笑)






昨日で一年いた職場を終え、

月曜日から別の職場に移ります。



マイカー通勤です。(泣笑)



先日、前任の方から引継ぎをしたんですけどね、

色々説明を受けて戻ってきてからハッとしました。



あ、もしかして、

職場で自分だけの固定した仕事をするのって初めてかもしれない!?



これまではアシスタントというか、何でも屋的なポジションばかりだったんです。

ある意味なんでもやれるので、飽きないし工夫するのも楽しいのだけれど、

自分のスケジュールを決め難い、予定が立て難いというのがありました。


初めての職場ではアシスタントでも、わりと上司がスケジュール管理もしてくれて

なんとかなっていた部分が多かったんですが、

今回は当日行ってみないとどんなことをするのかわからない

ことが多かったのです。


前日終えられなかったことをやろうとすると、

その日に限って別の急を要する仕事が入ってきたり、

特に頼まれていないからコレやっちゃおうと始めたら、

別のことを依頼されて諸々中途半端になっちゃったり。



でも、自分でそういう仕事を無意識に選択していた

ということに、今回気づいてしまいました。



なぜなら、そういうポジションにいた方が、

責任を取らなくて良いからです。

少なくともその仕事場では。



かといって、全く責任の無い仕事ばかりしてきたわけでも無かったんですけどね。


ただ、組織の中で働く時は、

そういうポジションをなるべく避けてました。

下っ端でいる方が楽ですからね〜(笑)



そんな自分に気づいて、

冷静に(? )

びっくりしました(笑)


そして笑えてきました。






自分になんて、責任があるような仕事なんか出来るわけない。


と思っていたんですね。ずっと。

すでに自分はどういう前提に立ってしまっているか その3


レトロな喫茶店のレトロな雰囲気に癒されました(笑)




順調?に、車を転がしている私です(笑)

さすがに一般道に出る時は、未だドキドキしています。

これで本当に大丈夫なのか?!(泣笑)



車庫入れは大分慣れたので、多分、道路も慣れなんでしょうけど。


それはそうと、

運転している時

私、本当に、自分のこと信じてないな〜〜〜

と実感しました。



完璧主義でもあるのかなあ?

完璧にできなきゃ、できないと同義。


100点満点中、

100点なのが普通、99点ではできないレベル、120点は天才。

そんな風にいつも採点しているのかも。


到達する先が見えているので、そこに即到達しなければ!と焦ってしまうのか。

ボツになった記事から引用で(笑)



あるセミナーの受講者さんも同じようなことを言っていたんで、

もしかしたら共感する人は結構いるかも。




100点は普通(取って当たり前)なんですよ。※100点満点中

100点は完璧では無い。だってそれが普通だから。


それだから70点とか取ってたら、もう、人としてクズなわけですよ。

そうやって自分を苛んで来た。

苛んで苛んで苛んで苛んで……



もうこんなのヤダ!!!



と思うようになった最近。

だって自分が自分を萎縮させるよう振舞っているのですから、

自分が止めるしかない。



自分でやるしかないよね。

誰かが何か言ってくれたって、自分が止めるって決めなければ、

どうにもならない。




私の理想の大人像は

何でも完璧に出来る人。




それに比べ、今の私は、何をやっても完璧には程遠い人。

だからお前は完璧じゃない、と責め苛む。

または、他人からもそう言われているように受け取ってしまう。




止めるわ。これ。




何十年も責め苛んできて、ある程度は向上するかもしれないけど、

今、どうなの?

理想の完璧な大人になれたの?

なれてないよね。


1つわかったのは、

その方法は上手くいかないってこと。

上手くいかない方法を、身を以て証明したよ。


よくやってきたよ。

それしか出来なかった、気付けなかったけれど、

上手くいくと信じて、よくやってきた。


もういい。

もう方法を変えていい。






見てろよ。

自分に言ってる