*さけのさかな*

わりと珍味。

道程は続く

f:id:shin2ya-ri:20151004003231j:plain

 

 そういえば、子どもの頃は、

褒められて単純に嬉しかった。

 

いつからか、褒められると、

いや、私はまだまだ。私の理想はもっと高いんだ!

と思うようになっていた。

そんな私は正にギバウスムーン*1(笑)

 

だから周りの人にも、

あなた、もっと出来る人でしょ!

って叱咤してた。

伸び代がすぐそこに見えているのに、なぜ頑張らないのか!

と怒ってた。

 

そうして頑張って来たことは、いずれ疲弊する。

やっていて夢中になれない。

その時はのめり込むのだけど。

 

褒められたってそこで終わりじゃない。

そこまで歩んできた道程を褒められただけ。

そこで私が完結しているって言っているわけじゃない。

 

先生に叱られるのが平気だったのは、

先生が私よりずっと先の道程を知っているから。

私の先を見ているから。

 

褒められたって、叱られたって、そこで完結じゃない。

私が先を見ている限りいつだって終わりじゃない。

褒められたら、叱られたら、ただ今その瞬間までの私を思えばいい。

きっとそれが先へ進むエネルギー。

 

 

 

*1:満月(フルムーン)になる少し手前の月齢のこと。