*さけのさかな*

わりと珍味。

能舞台雑感と非日常

f:id:shin2ya-ri:20151122161154j:plain

 

寒くなってきました。

 

つい、引き蘢りがちになって、昼まで寝てしまい昼夜逆転。 

疲れている時はいいんですけれど、

そうでない時は昼間にやることが滞ってしまい、

雪だるま式に溜まってゆく…(洗濯など(;´艸`))

 

 

そんな時に、昼間のお誘いをいただいたので、

いそいそと能楽堂まで行ってきました。

 

 

能舞台の人気の席は舞台「正面」席ですが、

私個人としては、橋懸り*1に近い「脇正面」席が好きです。 

舞台の裏側を観ているような感じがするのでw

<参考:国立能楽堂 座席表 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

 

 

今回、改めていいなと思ったのは、

能・狂言って、無言で役者が出てくるところから始まって、

無言で役者が去るところで終わることで、

完全に日常から外された時間を感じることが出来ることです。

まあ、個人的にそう思うんですけれど。

 

役者さんも囃子方さんも、日常は普通の方々なんでしょうけれど、

舞台では完全に別次元の存在のように見えます。

 

それを観ている私の方も、

全く別次元に来てしまっているかのような錯覚に陥ります。

歌舞伎やオペラなどとはまた違った、不思議な感覚でした。

 

 

久しぶりに、なんだか良かったなあ…

 

 

*1:舞台から左後方に伸びている渡り廊下のような場