読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*さけのさかな*

わりと珍味。

雪にまつわる思い出?

ヨタ話 記事一覧

f:id:shin2ya-ri:20160120145901j:plain

 

ものすごい勢いで山々にかかる雲が流されていきおった…

(上の方に写っている光は、ガラスに映る室内の照明です。)

 

 

 

 

雪、久しぶりにすごかったですね。

都内の方では電車に乗るのに4時間待ちとか。

確かに「なんのアトラクション待ちだよ」って感じですねw

 

 

 

昔、子どもの頃通っていた教会運営の幼稚園で歌っていた、子ども向け賛美歌の中に、

「ぱらぱらおちる」っていう曲がありました。

ぱらぱらおちる雨よで始まるこの歌、

2番に“雪”が出て来るんですけどね、

 

 2.ちらちらおちる 雪よ雪よ
  ちらちらちらと なぜおちる
  「葉のない枝に あたたかそうな
   まわたのふくを きせるため」

 


ぱらぱらおちる ~こどもさんびか~ 中田羽後作詞・作曲者不詳(歌詞詳細は下部に記載)

 

 

なんと雪が降る理由が

 

「葉のない枝に あたたかそうな
   まわたのふくを きせるため」

 

なんだそうです。

 

しかし当時から子ども心に、

 

『雪が積もったらむしろ冷たいんじゃないのか?!』

 

と考えていて、一応歌ではそういうことにしておくけれども、

全く納得がいかずにおりました。

 

雪が降ると今でも思い出してしまうのであります。

 

 

 

自分としては納得いかないけれど、 

ここではそういうことにしておいてやる。

 

今思うと子どもの頃から割り切っていたんですね〜(笑)

 

 

 

今も昔も、夢の無い、ファンタジー音痴な私です。