読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*さけのさかな*

わりと珍味。

続々 閑話休題 ※ だからさあ…

f:id:shin2ya-ri:20160115012645j:plain

 

本当、今、私にとって旬なので、引き続きこっちの話を。



完全にストレスでいっぱいになっていた私が、

手前で自分の意識を除いて全てに対する意識を意図的に切り、

感情を吐き出した時に、

自分でも非常に意外だった言葉が、



「助けて!(T_T)」



でした。

実際に口にしたわけではないんですけれど。


(@_@)ゑ?!

 

私、助けて欲しかったんだ!?

シェーーーー!! _(:3」∠)_


思った自分にビックリ。

しかも号泣しながら。

(大体こういう時、もう一人の冷静な自分が外側から見ているんですよね。)


でもこの「助けて」も、

誰に、何を、助けて欲しいとかじゃなく。


ああ、私、助けてってちゃんと言えて(思えて)良かったな。

ずっと助けて欲しかったのに我慢していたんだな。

 

私は、助けてって弱音を吐きたかったのでした。

いつも胸にどんよりかかっていた雲のような感情は、

助けてと言えない感情でした。


最終的に助けられるのは自分自身なのですが、

(自分の内側に起こっていることなので)

それを論理的にさばこうとしていて、感情は無駄なものとして抑え込んでいたんです。


もちろん、私の周りの人たちは、いつも私を助けていてくれるんですけれどね。

(ありがとね(^o^))


これに気付いたら、途中で笑いそうになって、

いやいや、ここは「助けて」って感情を出し切るところ!

と、やり切りましたよ(`_´)ゞええ。





天は自らを助くる者を助く 

Heaven helps those who help themselves.


…まあ、ちょっと違うかw