*さけのさかな*

わりと珍味。

初体験

f:id:shin2ya-ri:20160211001140j:plain

 

初めて、鍼灸治療をしてもらいました。

 

 

(もう、話は完全に続いていないねw)

 

 

多少東洋医学に興味があったので、色々訊いてみたかったのですが、

とても人気の病院みたいで、色々な話をすることは出来ませんでした(残念)。 

 

 

診察の時、院長先生が若い先生に、

「これがヒとカンなら、ヒの状態」

と話すと、若い先生が私の両手の脈を診るので、

院長先生が若い先生に教えているようでした。

 

この時の「ヒ」と「カン」が頭に残っていたので気になって調べてみました。

 

本当はその場で訊けば良かったんですけれど、

そんな具合で実習?中だったのと、

看護師さんが何人もいらして別のことに気が散ってしまったので、

訊きそびれましたw

 

多分「ヒ=火」で「カン=寒」のことだろうと検索したら、そのとおりみたいです。

そして火は熱ともいうらしく、見つかったのがこちら。 

 

www.nikkei.com

 

この記事でいうと、私は「熱証」の状態であろうと推測。

症状とかからみて、原因はストレスだろうとのことですけれどね。

 

 

そんなで初めての針は、

痛いっちゃあまあ痛いけれど最初だけで、

針が皮膚の中に入っている鈍い異物感の方がありました。

お灸もまあ温かい…かな?くらいで。(鈍いのか?(~~;))

 

治療後しばらくしたら、

それまで気になっていた顎の緊張がなくなっていました。

 

 

おお、ちゃんと効いている。

 

 

そして処方してもらった薬は飲み忘れ。

(食前だったのについ、忘れてご飯食べちゃったw) 

 

 

 

まだ何度か通うと思うので、 

また色々知りたいなあと思いますw