*さけのさかな*

わりと珍味。

今頃反抗期突入

f:id:shin2ya-ri:20160219221121j:plain

 

ただ今絶賛

 

遅れてきた反抗期

 

してますヨ(笑)

 

 

 

 

 

子どもの頃って、私、反抗期無かったなあ…

 

ってずっと思っていたんですよ。

決してイイ子では無かったんですけれどw。

 

親も理不尽なことは特に無かったし、

私がやりたいと思ったことは結局やらせてくれたし、

学校で友達ともめたりした時、第三者的意見はしても干渉してこなかったし、

私自身、特別出来なくて困ったことも無く、

親と喧嘩はしましたけど、

だいたい大人ウケも良かったので、

反抗するようなことが無かったからだとは思います。

 

元々ファッションや可愛いものには興味無く、

(むしろ男の人にそれじゃダメだろと注意され(笑))

人工的なモノより自然なモノの方が好きで、

興味や趣味の範囲は幅広かったので、

フラストレーションが溜まるほどではなかった。

 

 

そういえば、鉄砲玉の様だと言われてたことがありましたw 

私が負けず嫌いなのを親はよく知っていて、

焚き付けるのも上手かったです。

(単純なモノで(^^;))

 

 

 

そんな私が今、反抗期な訳は、

アドラー心理学でいうところの

 『課題の分離』*1

が上手くいっていないことに起因します。

 

自分でもどうしてこんなに怒りが湧くのか、よくわからなかったんですけれどね。

どうも「他人に自分の課題に踏み込まれた『と感じた』」時、

ストレスを感じる→怒りが湧く

みたいだとわかってきました。

 

この場合、本当にその人が私の課題に踏み込んだのかどうかではなく、

私が「そう感じた時」というのがミソです。

 

念のため、単にその人が社交辞令的な意味で言ったり、

私の課題には興味が無いけれど、場繫ぎ的にその話題になったなど、

その人が私の思った通りに意図していないことがあるのは承知しています。

ですが、私の心が勝手にストレスと怒りとして反応してしまうので、

自分でも苦しい訳です。

 

 

で、この『課題の分離』は、

親もそれから私自身も出来ていないのがわかってきました。

(他人と私の課題の分離が出来ないのも、おそらく親との関わりが根元だと思います。)

 

なので「そういう(私の課題に踏み込む様な)ことをされる・言われると『嫌』」

とハッキリ言うことにしたのです。

 

まあ、まだ怒りが湧いてしまうので、

ケンカ腰になってしまうのが難点ですが…←故に反抗期

 

しかし、怒らずに冷静に伝えることも出来るはずなので、

日々試行錯誤しつつ自分を観察中です。 

少なくともちゃんと言えた時は、ストレスを抱えないで済み、

あとを引き摺りません。 

 

 

今まで言えないでいた時は、

課題に踏み込まれるストレス(怒り)と、

それを私が我慢すれば良いという勘違いからくるストレス(怒り)と、

ダブルで怒りが溜まり過ぎて、時々フリーズしてました(笑)。

 

こういうのが訳分からないタイミングで爆発して、

本人(私)はスッキリするどころか、ものすごく落ち込むので、

溜めないに越したことはありませんね(涙)。

 

 

あと、罪悪感も気をつけないと一緒くたにしてしまうので、

地味に要注意なんです。

 

 

 

ともあれ、

私の課題は私がやるしかないので、

これからも淡々とこなしていこうと思います。