*さけのさかな*

わりと珍味。

音が苦は一度経験してみても良い

「音楽」は 音を楽しむ と書く。

「音が苦」であってはダメ。

 

 

よく言われますけど、

まあ、音楽の道を志した人たちは、多くが文字通り

 

「音が苦」

 

を経験したんじゃないかと思います。

初めて聞いたのは、高校の音楽の先生からだったかな?

 

 

自分だけで楽しんでいる分には楽しんでいられますが、

上手くなろうとする向上目的や、深く理解したい探求目的を持つと、

「音が苦」の迷宮に入ってしまうことが多いようです。

 

 

「音が苦」の時↓

 

2ya-ri.hatenablog.com

 

「音が苦」の最中は本当、どんな音楽でも聞こえるだけで辛い(;_;)心境

になっていますけれど、

今、めちゃめちゃ他人事で書いている自分に笑えます。

「音が苦」は体験しても良いんだなと思えました。

本当に好きなら、戻って来られる。

 

 

 

まあ、辛かったけれど、

先生方と同期のお陰でなんとか続けられて良かったです。

この「音が苦」の迷宮に入り込まないように、

また入っても抜けられるように、

独りじゃないって大事なのかも。 

 

 

 

次から次と本番(人前で歌うこと)が重なると、

舞台度胸もついてきますしね。