*さけのさかな*

わりと珍味。

書き出すことの不思議

母親は自分から見たら、庇護する存在であった。

 

そんな母相手にキレた自分を出すことが出来なかった。

 

 

しかしこのところキレ慣れして来たせいか、

思わず

 

『は?!(怒』

 

と反応してしまった。

 

 

あるだろうなと思っていた、母親に対する怒り。

 

この時、別に嫌なことを言われたりされたりしたわけではないが、

というか、冷静に考えると、

そんな怒るようなことじゃないんだけど(苦笑)

 

 

 

自分の伝えたいことを相手がキャッチしていないこと。

 

 

私がなぜか異様に腹が立つことの1つ。

 

これは親に対する怒りだったのか。

 

 

頭では分かる。

自分と同じように他の人に伝わることの難しさ。 

それが自分が受け入れられていないという思い込みであること。

親だから分かって当然と思ってしまう子どもの気持ち。

そしてあきらめた体(てい)をしてずっと溜め込んでいた怒り。

 

 

私は自分を分かって欲しかったのか?

いや、そうではない気がする。

 

受け入れて欲しかった。

 

その方が近い気がする。

 

 

 

 

こんなことをブログに書くなんて…

 

と始めは迷ったが、

書いてみたら意外と平気だった(笑) 

 

ダメだったら公開しなければ良いだけの話だからと思ったけれど、

特に大したことでもないな

と思えた。

 

これも不思議。