*さけのさかな*

わりと珍味。

当然のように目の前にあった眼鏡のように

f:id:shin2ya-ri:20160423133115j:plain

f:id:shin2ya-ri:20160423133116j:plain

 

毎日のように、自分を発見している私です。

 

 

 

働きに出てよかったなあ。

組織で働くの嫌だと思っていたけどw (使われるのが嫌だったのかもね)

 

 

職場に身を置くことで、自分の思考癖が客観的に掴めているようです。

家族や友人だけだと身近過ぎて、個人に対する思いが分厚いフィルターとなって、

自分のふとした感覚や反応や思いに気付きづらい。

これも前者※だからなのかも知れませんけれど。

 ※前者ってこんな → 空気読め!(桜はまだです。) - *さけのさかな*

 

 

 

先日、いくつかの仕事が重なったときに、

何を優先して仕事を組み立てて行くか分からない自分がいました。 

 

私、こういうの苦手なんだな〜

と今までは思っていたのですけれど、

この時、ちょっと顔をのぞかせた思いが、

 

「私の仕事なんて大したことしてないし…人の仕事の方が大事(優先)だよな。」

 

………

 

……

 

 

…あ!

 

 

私の仕事なんて大したことない

私なんて大したことしてない

私の価値は大したことない

私に価値は無い 

 

 

 

私に価値なんて無い

 

 

 

根本にあったのはこれか!!

 

うわ!自分評価、めっちゃ低!!!!

 

 

どんな人にも等しく価値がある。

 

そんなことは知っていると思っていたのですが、

私の行動規範が「自分に価値は無い」なんだから、ちぐはぐになるよね。

自己評価低い人がやたらと周りに目に付くよね。

 

私のは、

 

自分以外の どんな人にも等しく価値がある

 

だったんだな。

元々自分が好きだし、自分には根拠の無い自信がある

と思っていたけれど、

これ、一人でいるときにだけちゃんと表に出て来れて、

人といるときは奥の方で小さくなってた。

この 私に価値なんて無い に追いやられて。

 

 

実際「私個人」でなければ、

私にとって仕事の優先度とか組み立てとかそんなに考えるようなことじゃない。 

 

私自身(の能力や判断)がそこに加わると、

とたんに分からなくなる。

 

 

これ、仕事に限らず、

自分の予定より友達の予定を優先させたりとか、

大義名分がないと頼まれたことを断れないとか、

人付き合いが苦しくなって当然だな。

 

人付き合い好きなのにね。

 

 

 

 

 

 

ほんと、自分のことってわからない。

マジびっくりだよ。