読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*さけのさかな*

わりと珍味。

恐怖のみそ汁とまんじゅうこわい

f:id:shin2ya-ri:20160318000117j:plain

 

またお気に入りのタイトルを使ってしまった…(五右衛門風に

  


恐怖についてココから慢心と卑下 - *さけのさかな*

ずっと向き合う機会があったんですけどね。



つか、この辺の読み返していて思ったんだけど、

私、同じこと書いてね?!www

1ヶ月前と大体同じ。

はい、じゃあ、次回はまた1ヶ月後( ^_^)/~~~

(゚O゚)\(- -; をい



もとい。

 


この記事のすぐ後に書きたいことがあったんですけど、

タイミングを逃して中々書けませんでした。

タイトルも決まっていたのにさあ…(ソレハドウデモイイダロ



【おさらい】

1ヶ月、見た夢の意味を調べたら、

「自分自身を批判的に見ていて、いつまで経っても自分を認められない」

ということをいっていた。



この時に思い当たった、緊張や罪悪感を感じた時に胸がザクッとえぐるような感触。

それが自分の感じていた 恐怖 だと判明したのでした。


一体何が恐いのだろう?

セオリーでいったら親とか子どもの頃の経験だよな。

ねえ、一体何が恐いのよ?  と探ってみたら、間髪入れずに




自分!自分が一番恐い!!

 



( ゚д゚)え

私?



私ですか?!

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!



トラウマ的出来事じゃなくて、

ダイレクトに自分自身が一番恐いんですか?!


びっくりしすぎて自分に敬語( ̄◇ ̄;)


詰まってたうん○、全部出た。

みたいな感じ。



ちょ、まてよ(脳内音声:K村T哉)www

サンプル:一番正しい『ちょ、待てよ』 Ver.2013 - YouTube

年取ったねK村くん…(お前もな〜




この一番私に批判的で、最も恐怖する存在が、

親でもなく、他人でもなく、


自分自身だった。


いや、衝撃でした。

どれだけ自分自身に対して恐怖政治を強いてきたのか。


まあ確かに、家族や他人から「恐い」と言われたことありますけど、

だから私はちょっと恐い人かもな〜と思ってはいましたけど、

自分自身も恐いと思っていたなんて〜〜((((;゚Д゚)))))))


良かれと思った自分への厳しさは、単なる恐怖の刷込みでした。

そりゃ身もすくむよねー



今もまだ、

「お前なにやってんだよ!!(怒/叱られる!恐い!!」

と胸がギュッとする時はありますが、

『あ、私、また自分に怒ってる。それ、自分が恐いだけだから〜』

というように自分に言い聞かせて、冷静に戻ることができるようになりました。


自分批判と自己卑下(別名一人SM)。


全部、原因は自分自身だった。


結局どこへ行っても誰と付き合っても、

問題が起こる原因は自分自身にあって、

それを解く鍵は自分の中にあるんだから、

私、どこで何しても同じじゃね?w


悪く言えば、どこに行っても何も変わらない

良く言えば、私は既に自由であるのだ


そう、どちらも同じ。

良いも悪いもないんだわよ。