読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*さけのさかな*

わりと珍味。

受取拒否 または 受取恐怖症

f:id:shin2ya-ri:20160525231319j:plain

 「愛」を受け取るのが怖かったんだ

と気付いてしまった。


気付いてしまった…というのは、

気付かないようにしていた、そこを華麗にスルーしていたからで。


人の愛情にしても、大きな愛と言われるものにしても。


自分は可哀想じゃない。

と言いつつも、

自分でできるんだから自分で何もかもしなくてはならない、

そう思っていて、

実は差し伸べられる手も、愛も、振り払ってきたのだ。


差し伸べられた手を取っていたら、

自分にとって不幸な事が起きる

そう怯えていた。


実際、飲み屋で隣り合わせた人が奢ってくれて、その恐怖でしばらくその店に行かれなかった事がある。


私に与えられようとしていた「愛 」は、全て恐怖の対象だった。

 

だから、愛には必ず見返りがあって、受け取ったからには何か返さなければならない

と思っていた。


無償の愛  なんて言葉、

本当の意味では信じていなかったんだ。


貰ったら返す。

自分からあげたら返してもらう。


そうやって、増やしも減らしもしないようにしていた。





愛を受け取ろう


なんてそんな生易しい覚悟では、私はたぶん受け取る事ができない。

少なくとも今の段階では。


これから、与えられる愛の恐怖に向き合っていく。


それが、今の私にできる覚悟。