読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*さけのさかな*

わりと珍味。

【暫定】お金の話

お金の話 ヨタ話 記事一覧

f:id:shin2ya-ri:20160315125915j:plain

 

 

痩せないのも、お金がないのも同じ原理|シバトモ☆心屋式カウンセリング☆大阪•神戸☆無限の愛&幸せイタダキマス

 

ここまでスパッと云い切ってくれるといっそ清々しい(笑)

 

 

 

 

ここブログで

お金のことで考えていることをずっと書こうと思っていたんですけど、

 

私がお金の話をしたところで、

稼げるようになるとか、貯める・使うのノウハウが分かるとか、いつの間にか金回りが良くなるとか、

 

 

          一 切 無 い (笑)

 

 

ので、気楽に読んでください(*^^*)

いや、別に無理に読まなくてもいいけど(笑) 

 

 

 

この間、経済に興味持った 分かったらたぶん楽しい。 - *さけのさかな* 

って話を書いていたら、

そんなことは知らないはずの人に、株関係の話をもらってしまいました。

あ、買えってことじゃないですけどね。

もうちっと勉強するまで待ってくれとは言いましたけど。

 

 

いや、でも、この辺の展開の速さは流石だわ〜

他の人のことには興味ないので、思考が現実化するみたいな話、どんな風に起こっているのか知らないですけどね。

なぜ現実化するかっていう理由のところに興味ある人は殆どいないと思いますが、

(私はその理由というか仕組みの方が知りたくて、ガチな方向に突っ込んで行ってしまったんですけど(笑))

 

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道

 

理由を知る為ならこの本はそれほど難しくないかなと思います。 


 

 

 

 

 

 

 

…え〜、

 

はい、お金の話に戻ります。 

 

よく言われてる、お金は循環しているっていう話。

 

まああれ、そうとも言えるし、そうで無いとも言えるかなあという気がします。

ぶっちゃけ、私は手放しで「お金は循環してます!」って思えないんです

 

て〜いうかね(笑)

「循環」って言葉に違和感があるのですわ。⬇︎読むの面倒な人はここからすっ飛ばして(笑)

 

1つに、それを言った人間がどういったつもりで言っているのか、

その人がどの立ち位置で言っているのか、

金持ちだからとか庶民だからとかじゃなくてね。

 

多分なんですけど、お金ってもはや独立した「お金」というモノ

っていう感覚の人が大半なんじゃないかなと。

だから、使ったらなくなるし、貯めとかないと不安になるんじゃないかと。

また、使ってもまたお金は入ってくるとかいうのも、考えは逆かも知れませんが

お金のモノ化なのかなと思います。

 

車欲しい、服欲しいと同列にお金欲しいになってると、

車あっても、お金無い、

服があっても、お金無い、

そういう感覚になるんじゃないかなあと。

 

車と引き換えに、お金を手放す。

服と引き換えに、お金を手放す。

まあ、そういうシステムなんですけども。

 

でも、それって、経済のシステムなわけですよね?

 

回り回って自分のお財布に戻ってくる。

あー循環してるんだなあ…

 

…ってオイオイ、引き換えに、っていってるじゃないですか 

 

お金と引き換えに、「何か同等品」を手放す。いわゆる対価ってヤツ。

 

これがないと循環しないわけですよ。

この理屈でいうと。

 

一般的なところで、「労働」ですわね。 

 

  そういえば、私、一応働き始めましたけど、

  給料は全て、家に入れちゃってます(笑)

 

  まあ、働いていない時、傍若無人に使いまくっていたせいもありますけど、

  これといって特に使いたいことも無いのです。

 

  どうも私は周りに合わせてお金を使うことが多かったみたいです。

  (周りの「人」に、じゃないですよ。周りの「状況」に、ですね。)

 

それは兎も角(笑)、

何が言いたいのかといいますと、

お金は「循環」 している=あるシステムによってお金が動かされている狭義のイメージ

なんです。広義だったらまだ分かるんですけどね。(辞書で見てみてね。)

 

 

 

ここまでついてこれない人多数だと思いますが(笑)。

 

 

⬇︎読み飛ばした人はここから

じゃあ、なんなのか。なんだったらしっくり来るのか。(主に私が)

 

私のイメージに近い言葉を探していたら、これだ!と思えるのがありました。

 

 

『対 流』*1

 

 

お金は『対流』しているんですよ。

 

というか、そのくらいでっかいイメージがあるわけですよ。

 

なんでかっつうと、

お金は労働とかモノとかの引き換え(対価)…とは限らないことがあるじゃないですか。

 

宝くじ とか、

家が元々金持ちとか、

不動産の不労所得とか、

遺産とか、

知らない人にいきなり奢られるとか(笑)、

(為替とか株もそんな気がしますけどイマイチ理解していないので割愛)

 

上に書き出したことはお金に限定してますけど、もうちょっと広げたら、

モノをもらったり、何かに当選したり、 

労働対価に相当することに広げるとしたら、

何かを手伝ってもらうとか、サービスしてもらうとか、

 

ほら。引き換え(対価)じゃないのに。 

 

まあ、躍起になって、

もらったら何かを返さなくちゃいけない!

っていう人もいますけど(気持ち分かりますけどね)。

 

宝くじ当たったから引き換えに何か返さなくちゃっていうのは聞いたことありませんけど。

そもそも誰に返すのか。( 売り場のおばちゃんとか?でも給料もらってるお仕事ですよね。)

 

細かいツッコミは置いておいて(これでも少なくした(笑))、

 

お金ってそれだけ見ると紙幣とか硬貨とか数字なんですけど、 

お金とかモノとか労働とかって、

引っくるめて、

 

大きな対流するエネルギー

 

なんじゃないかと思うのです。 

しかも、それは既に在って対流してるだけっていう。

 

 

 

 

 

まだ長くなりそうなんで(笑)、続く…