*さけのさかな*

わりと珍味。

【暫定】お金の話 の 続き

ロッキード事件」の番組、

再現ドラマのキャストがツボ過ぎて、つい最後まで見てしまった私です。

出演者|file05 ロッキード事件|NHKスペシャル 未解決事件










2ya-ri.hatenablog.com



イギリスのEU脱退の国民投票の直後、

為替相場が荒れに荒れたじゃないですか。

それを見ていて、

あ〜「不安」があるところにはお金が流れなくなる(流れ出て行く)んだなあ。

と思いました。

これ自説のお金は対流してるにもマッチすると思うんですが、長くなるのでここでは語りません(笑)



気になったので、2011年3月の頃の相場も調べたら、

その前後の月と余り変わっていませんでした。(その前後の年とも。)

全体的に円高のまま。

ただ、震災当日は円高に拍車をかけたようです。(普通は円安になるはず。)

参考資料: 戦争や大規模テロ、自然災害で為替相場が動く | FXちゃお

因みに1995年1月、同3月の為替相場も目立った変動はありませんでした。

日本国内の災害や事件は逆に円高になるが継続しない、と思われます。

円て、日本国内でしか使われていない通貨なのに、これだけ信用があるというのは面白いです。

(かといって日本円さえ持っていたら安心、ではないのがミソです。)





ざっくりした感想は、

経済でも、不安な所からお金は離れ、安心な所にお金は集まるんだ。

為替や株はそれを決めて動かしているのは人だから。


いや結局、実際の所お金やものを動かしているのは、

人の心理なのでしょう。





「今の御年寄がお金を貯め込んでて使わないから経済が回らない。」

私も昔、そう信じてました。


今は、それ、ちゃうな。と思います。


実際、銀行などに預貯金していれば、そのお金は銀行が運用していることが殆どでしょうし。

むしろ貸し渋りでお金を回さないのは、銀行だったり。


こういう作用も、結局は、(お金が回収できるか)不安だから。と言えると思います。





不安な所にはお金の流れが悪く、

安心な所にはお金の流れが良い。



わりと大事なポイントだと思います。