*さけのさかな*

わりと珍味。

自己分析する

ハローワークセミナーを受けてきました。


ハローワークって、正直、

給付金の手続きをするところとしか思っていなかったので、

こんなこともしてくれるんだ〜!

と驚きました。



まあ時代ってこともあるのかなあ。

(その割には就職支援の人とかの考え方が古い気もするけど。)





受けたセミナーは自己分析の実践なんですけどね。


自己分析 って、私ちゃんとしたことがないんですよ。

趣味でやったことはあるんですけど、

対外的に自分を見せていくための自己分析は初めて。



私より若い世代の方は、

就職活動とかで当たり前のようにやっていると思うんですけど、

私の世代以前は自己分析をしたことがある人と、していない人とに分かれる

と思います。




やー、それが、自己分析なんですけどね。


はっきり言って、かなり悶絶しました(笑)


ああいうところなんで、

かろうじて叫び出すのを抑えて、

半ベソかいてました(泣)



あ、これは割と自信ある!

と思っていたことがほどほどで、


これは普通だろうな、

と思っていたことが高い得点で、


あ〜、これはあんまりな〜

と思うことになかなかの得点が付いてしまった。




自分ではそのように考えていなかっただけに、

胸がザワザワしてきました。




ただ、一晩寝てよくみると、

大きなカテゴリー毎には

苦手分野と得意分野がはっきりしていて、

自分でも納得いく感じでしたわ(笑)





どうしてこんなに動揺しているんだろう…



って考える間もなく、



これまでこれはダメだ、こういうのはダメだ

と否定してきた能力が



実は



自分が持っていた能力そのものだったからなんですね〜(泣)





つまり、



自分の能力をめっちゃ否定してた



ってわかってしまったからなんです。





これ、人から言われてもきっとピンとこなかったと思うんですけれど、


自分でチェックシートやって

人と比べず、自分で出したものですからね。

(まあチェックシートは人が作ったものですけど。)


自分の脳内で理解したことのアウトプットですから、

自分が普段考えていることが他者目線で見えると、

違うものが見えてくるってことでもありますね。



まあ、つまり、




自分が気づかずに、


自分の良いところをめちゃくちゃ否定してた


のを目の当たりにした



のがショックだったんです。



…ショック過ぎて、

それ以降


結果について自分の思い当たることを書き出したり、

自分の強みを理解したりするのが

全然できず、

ちょっと理性的になれなかった(泣笑)