*さけのさかな*

わりと珍味。

しょっぼい自分にOKを出す


最近、見るもの見るもの、

私への応援歌に見える私です。





今日、面接の練習をしてきました。



いや、私、



はっきり言って、





面接なんてどんなことを言われても、大抵なんとかできる。





という自負があったんですね。


相手に気にいる答えは言えないかもしれないけど、

まあ、心象が良さげにはできるだろうと。




なので、面接練習、別にいいかなと思っていたんですが、

一応受けてもいいかなと(話のネタに)受けてみました。






…結論から言うと、






思っていたより自分、グズグズでダメダメじゃんΣ(゚д゚lll)






いや、面接の細かい注意点、

全部吹っ飛びました(笑)



(日本のこのマニュアル対応どうなの?って思っているせいも過分にあるかもw)




まだそれだけなら良かったんですけれど、

他の人のも見ると、

自分ができてると思うことが、途端にしょぼく感じる。

つい正解を求めてしまう私のクセで、

自分に対して、ものすごいダメ出しを開始してしまったのです。






で、


独りになってから、ちょっと落ち着くと、








まてまて。



自分、他人に良く見せようとしたから、その理想通りいかなくて凹んだけれど、



そもそも、自分、



たいがい、しょぼいやんw



今までもしょぼいまんまで面接受けてるやん。

(因みに面接練習なんて、人生初!w)




いや〜、今までよく受かったよね(笑)







ちなみに、


面接官役も、交代でやったのですが、

面接官もしょぼかったwww




(全くやったことないわけでもないのにねw)






もうね。


どうでもいいや、と。




元々しょっぼいのに、

どんなに取り繕ってもしょぼさは相手に伝わってしまうやん。



そんなん隠すだけ無駄やん。



ということで、



無駄なことをするの、あきらめました。












できると勘違いして、

がんばった自分、よくやった。





でも、しょぼい自分に気づいて、

あきらめた自分も、よくやったわ。