*さけのさかな*

わりと珍味。

書くことを手放してみる

 

f:id:shin2ya-ri:20190418165622j:plain


ここ数日、

頭がオーバーヒート気味で、

 

書けない、

読めない、

理解できない

 

の三重苦でした。

39なんて越えてますけどねwww

 

 

 

 

今朝はだいぶ、

頭が落ち着いてきていたので、

何か書けるかも?

と、期待した時に、

 

 

『書くことを手放してみたらどうだろう?』

 

 

と、脳裏に浮かびました。

 

 

そうしたら、ふっと胸の辺りがゆるんで、

いままで

“書かなければならない”

自分に強制していたことに気がつきました。

 

 

書くことが好きで、

書きたかっただけだと思っていたのに、

いつのころからか、

書かなければならないと思っていたのです。

 

 

そしてもうひとつ

 

 

“ちゃんと文章を組み立てる”

のも自分に課していたのでした。

 

 

わかりやすい文章、

誤解されにくい表現、

嫌われない言い回し

 

もちろん、大事なことだけれど、

こればかり気にしていると、

せっかく楽しく書いているのに、

だんだん辛くなってくる。

 

まあ、私の場合は

考える頭の方が先に音を上げたんですが(笑)

 

 

 

ようするに、

 

『書くことを手放す』

 

ことにしたら、

 

“書かなければならない”

“ちゃんと文章を組み立てる”

 

を“やめていい”

と思えて、

 

 

なんか書きたくなった(笑)

 

 

のでした(^^)

 

 

 

自分はどうしたい?

とか、

知るために書き出していたら、

なんか迷走しだしたしねwww

(それは頭で考えてしまうたちだから)

 

「やってみたからわかった」

とかエラそうにいうんじゃなくて(毒あるな(笑))

 

やってみたけど、

私向けにカスタマイズしないと

機能しないどころか、

機能不全になった(笑)

ってことでしたw

 

あいかわらず、

 

自分で自分のことがわかっていない

(自分を無視している)

 

のだなあ…

 

 

と、ため息の出る午後でした。

 

f:id:shin2ya-ri:20190418171312j:plain

こんなん出たしw