*さけのさかな*

わりと珍味。

罪と罰

 

2ya-ri.hatenablog.com

 

昨日のこれ↑で出てきた自分の感情。

 

 

静かに、

自分の中で起こっていることだけを感じたり

(ナリくんでいうところの“めいっそ”(笑))

…途中寝てたけど(笑)

ノートに思いつくまま書き出したりしたら、

 

 

 

お金がないのは私のせい

私が悪いからだ。

 

 

 

と、自分を責めていたのがわかりました。 

 

 

なので、

「私のせい」「私が悪い」

と何度も口に出したり、書き出したりして、

感じきってみました。 

 

 

 

けれど、まだ奥に何かありそう。

それがなんなのかわからなかったので、

とりあえずメモを残して

翌日(今日)に持ち越し。

 

 

 

 

今日はたまたま、

通院している病院の予約日で、

併設の鍼灸院で鍼灸をやってもらっている最中に

 

 

うっかり

気がついてしまったのでございます。

 

 

 

私が悪いのは「親の望む成功を収めなかったこと」

 

 

 

だったんだと。

 

 

 

気づいた途端、

涙があふれてやばかった(汗)

 

だってすぐそこに針灸師さんいるし(滝汗)

 

…お灸の煙が目にしみたのよ。きっと。

昭和歌謡…) 

 

 

 

 

そういえば、

しーくんも以前、そんな話をしていたなあ。

 

と家に帰ってきてから探してみました。

 

 

ameblo.jp

 

親にこれだけ迷惑をかけたのに、、、

 

親にこれだけ好き勝手させてもらっているのに、、、、

 

 

 

全然親孝行できていない自分。


全然恩返しできていない自分。

 

 

そんな自分が情けなさすぎて許せなくなったことがある。

 

まさにこれだったのだ(泣)

 

 

 

 

お金を稼がなきゃ

成功しなきゃ

 

とか思っていたのは、

 

親のために私が お金を稼がなきゃ

親のために私が 成功しなきゃ

 

だったのでした。 

 

 

 

親が喜ぶだろうな〜

という気持ちもあるにはあったのですが、

やっぱり

『親孝行しなきゃ!』

という思いが強すぎて、

 

親孝行してない(=私が悪い)と思えた途端、

体調不良になってしまったり、

怒りに変わってしまったのだな

とわかりました。 

 

 

未だに、

どうして私は親のために何かしようとしてしまうのか

と疑問だったのですが、

 

親孝行しなくては!

という強烈な思いがあったんですねえ。

 

 

f:id:shin2ya-ri:20190501232024j:plain