*さけのさかな*

わりと珍味。

サイフォンで淹れたコーヒー

丸山珈琲に行ったら、

この日、そういえば、サイフォニストさんが来てる日だった。

サイフォンで淹れたコーヒー飲むの久しぶり〜(^ω^)





サイフォニストの中山さん。

3年連続サイフォニスト日本一やて。





最初は飲み頃温度(約65℃)で淹れてもらったんだけど、

ほんとまろやかで甘味があって美味しかった!



螺旋状のクダが見えるでっかい試験管みたいな管は、

クダと管の間に水が入っていて、

熱いコーヒーをこの螺旋状のクダに通すことで、

一気に飲み頃温度まで下げる特注器具だそうで。






今度は普通の温度(約80℃)で淹れてもらった。


本当は飲み頃温度を飲めばいいや〜と思っていたけど、

それ飲んだら、普通の淹れたてとどう違うのか


すっっっっっっっっっっごい気になってしまったので。

(こういうのって大事だよなと、つい売る側の立場で考えている私w)


飲む前から、香りがすごい!

熱いから味が分かりづらいかな?と思っていたけど、

むしろ、ガツン!とくる感じ。





眠気覚ましには、こっちの方がいいね(笑)


飲み頃温度はリラックスしたい時に。






お家でペーパードリップでも温度調節できるかな?


と思ったけど、


そもそも始めから温度管理してなかったや(笑)

しょっぼい自分にOKを出す


最近、見るもの見るもの、

私への応援歌に見える私です。





今日、面接の練習をしてきました。



いや、私、



はっきり言って、





面接なんてどんなことを言われても、大抵なんとかできる。





という自負があったんですね。


相手に気にいる答えは言えないかもしれないけど、

まあ、心象が良さげにはできるだろうと。




なので、面接練習、別にいいかなと思っていたんですが、

一応受けてもいいかなと(話のネタに)受けてみました。






…結論から言うと、






思っていたより自分、グズグズでダメダメじゃんΣ(゚д゚lll)






いや、面接の細かい注意点、

全部吹っ飛びました(笑)



(日本のこのマニュアル対応どうなの?って思っているせいも過分にあるかもw)




まだそれだけなら良かったんですけれど、

他の人のも見ると、

自分ができてると思うことが、途端にしょぼく感じる。

つい正解を求めてしまう私のクセで、

自分に対して、ものすごいダメ出しを開始してしまったのです。






で、


独りになってから、ちょっと落ち着くと、








まてまて。



自分、他人に良く見せようとしたから、その理想通りいかなくて凹んだけれど、



そもそも、自分、



たいがい、しょぼいやんw



今までもしょぼいまんまで面接受けてるやん。

(因みに面接練習なんて、人生初!w)




いや〜、今までよく受かったよね(笑)







ちなみに、


面接官役も、交代でやったのですが、

面接官もしょぼかったwww




(全くやったことないわけでもないのにねw)






もうね。


どうでもいいや、と。




元々しょっぼいのに、

どんなに取り繕ってもしょぼさは相手に伝わってしまうやん。



そんなん隠すだけ無駄やん。



ということで、



無駄なことをするの、あきらめました。












できると勘違いして、

がんばった自分、よくやった。





でも、しょぼい自分に気づいて、

あきらめた自分も、よくやったわ。

自己分析する

ハローワークセミナーを受けてきました。


ハローワークって、正直、

給付金の手続きをするところとしか思っていなかったので、

こんなこともしてくれるんだ〜!

と驚きました。



まあ時代ってこともあるのかなあ。

(その割には就職支援の人とかの考え方が古い気もするけど。)





受けたセミナーは自己分析の実践なんですけどね。


自己分析 って、私ちゃんとしたことがないんですよ。

趣味でやったことはあるんですけど、

対外的に自分を見せていくための自己分析は初めて。



私より若い世代の方は、

就職活動とかで当たり前のようにやっていると思うんですけど、

私の世代以前は自己分析をしたことがある人と、していない人とに分かれる

と思います。




やー、それが、自己分析なんですけどね。


はっきり言って、かなり悶絶しました(笑)


ああいうところなんで、

かろうじて叫び出すのを抑えて、

半ベソかいてました(泣)



あ、これは割と自信ある!

と思っていたことがほどほどで、


これは普通だろうな、

と思っていたことが高い得点で、


あ〜、これはあんまりな〜

と思うことになかなかの得点が付いてしまった。




自分ではそのように考えていなかっただけに、

胸がザワザワしてきました。




ただ、一晩寝てよくみると、

大きなカテゴリー毎には

苦手分野と得意分野がはっきりしていて、

自分でも納得いく感じでしたわ(笑)





どうしてこんなに動揺しているんだろう…



って考える間もなく、



これまでこれはダメだ、こういうのはダメだ

と否定してきた能力が



実は



自分が持っていた能力そのものだったからなんですね〜(泣)





つまり、



自分の能力をめっちゃ否定してた



ってわかってしまったからなんです。





これ、人から言われてもきっとピンとこなかったと思うんですけれど、


自分でチェックシートやって

人と比べず、自分で出したものですからね。

(まあチェックシートは人が作ったものですけど。)


自分の脳内で理解したことのアウトプットですから、

自分が普段考えていることが他者目線で見えると、

違うものが見えてくるってことでもありますね。



まあ、つまり、




自分が気づかずに、


自分の良いところをめちゃくちゃ否定してた


のを目の当たりにした



のがショックだったんです。



…ショック過ぎて、

それ以降


結果について自分の思い当たることを書き出したり、

自分の強みを理解したりするのが

全然できず、

ちょっと理性的になれなかった(泣笑)