*さけのさかな*

わりと珍味。

全てが自分の時間

最近考えていたこと。






24時間、365日、全ては自分の時間


そう思ったら、肩の力が抜けた。




休みの日だけが自分の時間。

今までそう思ってきたし、社会一般的にそういう空気が流れている(と、私は思う)。



しかし、人それぞれ自分を生きることしかできない。


その中で、自分の感覚でしか感じることはできない。

直接他人の目で他人の感情で他人の感覚で見たり感じたりできないし、

自分の食べたものが他人の栄養になることはあり得ない。


生まれてから死ぬまで、自分の生しか生きられない。


だから、どんなに他者に囚われていても、

他者のいいなりになっていても、

それは自分が自分の時間を他者に使っているだけで、

その時間は自分の時間でしかない。





そうか。

そうだったのか。

「謙虚であれ」


あ〜、この「言語化できない声」って、

しょっちゅうあるわw


私、日本語不自由だなあ、

って思ってた(笑)


そう、不思議に思ってたけど、

この言語化できない声には感情が無い!

一生懸命何が言いたいのか言語化してみようとしていたけれど、

これっていう言葉はいつも見つからないし。



なんか今、もよっとした!/する!



ってなる。




短気な私は、すぐに答えを探りたくなるけど、

答えが必要なものではないのかもしれない…と思ってみる。







昨日、

蠍座は、謙虚になった方がいい日」

とかいう占いだったんだけど、

かなり イラッ としたのね。


私、謙虚って言葉が実は 嫌い なの。


大事なことだから大文字で書くわ。



ただし、他人が他人のために使う時はなんとも思わないのよ。

私に向かって謙虚になれとか、(ネタ以外で)言われるのが腹立つの。


でも、この日はふと、

いつもは「謙虚がなんぼのもんじゃ〜い!!謙虚になんかしてやるもんか!」

って思うところを、


『いつも私は謙虚にしてて偉いなあ〜』


と、逆転の発想で労って見た。

これ、他人にアピールしたらただの嫌味な奴ですけどねwww


そうしたら、

ああ、私はいつも自分自身に、「謙虚であれ。」と思っているのだな〜。

と気付いた。



例えるなら、


母:勉強しなさい!

子:今やろうと思っていたのに〜!怒られたらやる気なくなる〜!


の子の気持ちみたいな。




謙虚って経験を積まないと中々なれんもんなのかもしれないなあ。

と、謙虚な人を見て思うのでした。

お金の勉強

今、モーレツに(笑)お金の勉強をしています。


… 実践で ( ̄▽ ̄;)




今の仕事を任された時、

実地でお金の勉強できるわ!

と思っていたので、願ったりです。



まあ、実際は、

追いつかなくて、必死にしがみついているところですけどねwww