読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*さけのさかな*

わりと珍味。

熟考せずに話して、恥をかけば良い


子どもの頃、おしゃべり!と怒られて、

話すことをやめた私。




多分、私は喋ること・話すことは得意な分野だと思う。




例えば、人前で話せ と言われても、取り敢えずできる。

(為になる話かとかいい話かなど、良質な内容の話なのかはともかく。)


知らない人と話せ、と言われても、取り敢えずできる。

話す・喋るということならば。



でも、子どもの頃のきっかけで、

自分で話すことを「悪」と捉え、封印して来たのかもしれない。





その積年の怨念みたいなものが、

今、キツイ言葉となって表れているのかもしれない。





今が、恥のかき時だ。